放送作家がテレビについて考えてみる。

テレビやラジオなどについての考えるブログです。ネタバレにご注意を!

【ネタバレ】宮崎駿監督 NHKアニメ「未来少年コナン」 のあらすじは?続編はあのジブリ作品!?「映像研には手を出すな!」との関係は?【まとめ】

 

 

 

NHKで放送中のアニメ「キングダム」第3シーズンが新型コロナウイルスの感染拡大の影響で放送延期になり、代わりに「未来少年コナン」が放送されるとの発表がありました。そこでアニメ「未来少年コナン」についてまとめてみました。おまけで「映像研には手を出すな!」に登場する「未来少年コナン」についても解説します。

未来少年コナン

コナン(C)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200427-00000141-spnannex-ent.view-000

 

◆アニメ「未来少年コナン」とは?

1978年4月からNHK初の国産アニメシリーズとして放送された全26話のSFアニメ作品です。「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などのスタジオジブリ作品で有名な巨匠・宮崎駿の監督デビュー作です。制作はフジテレビのアニメ「世界名作劇場」シリーズを手掛けた日本アニメーションで、原作はアメリカの小説家アレグザンダー・ケイのSF小説「残された人々」です。

 

 【ネタバレ注意】「未来少年コナン」のストーリーを知りたくない方はご注意ください!

◆アニメ「未来少年コナン」のあらすじは?

西暦2008年、核兵器をはるかに上回る超磁力兵器によって世界の半分が消滅し、人類は絶滅の危機に直面していました。そして、その20年後、のこされ島で、おじいと2人で暮らしていた少年コナンは、ある日、島に漂着した少女ラナと知り合います。自分たち2人以外に人間がいることを知って喜ぶコナンでしたが、ラナを追ってきた科学都市インダストリアのモンスリーたちによってラナは連れ去られてしまい、その騒動に巻き込まれたおじいは命を落としてしまいます。コナンは島を出発し、ジムシーやバラクーダ号のダイス船長などの仲間と知り合いながら、ラナを助け出すためにインダストリアへ向かいます。果たして、コナンはラナを助け出すことができるのか?

 

【スタッフ】

原作:アレグサンダー・ケイ「残された人びと」より/脚本:中野顕彰・吉川惣司・胡桃哲/音楽:池辺晋一郎/作画監督:大塚康生/演出:宮崎駿

 

【キャスト】

コナン:小原乃梨子/ラナ:信沢三恵子/ジムシー:青木和代/ダイス:永井一郎/モンスリー:吉田理保子/ラオ博士・おじい・パッチ:山内雅人/レプカ:家弓家正

 

 

 

◆「未来少年のコナン」の続編はあのジブリ作品に?!

「未来少年のコナン」の続編の構想は1980年代初頭から進行しており、宮崎駿はNHKのテレビアニメシリーズとして企画しましたが実現することができず、「未来少年コナン」の続編企画を原案に映画「天空の城ラピュタ」を創り出すことになります。またNHKに残された企画はのちに様々なアイデアとアレンジが加えられ「ふしぎの海のナディア」としてNHKで放送されました。こちらは「新世紀エヴァンゲリオン」で有名なガイナックスが制作しています。

 

 

 

◆「未来少年コナン」と「映像研」の関係は?

「キングダム」第3シーズンの前に放送されていたのがアニメ「映像研には手を出すな!」ですが、実は「映像研」の物語の重要なキーポイントとしてアニメ「未来少年コナン」が登場します。

浅草氏小6

 画像引用元:STORY|TVアニメ『映像研には手を出すな!』公式サイト

【浅草みどりがアニメに目覚めた「未来少年コナン」】

「映像研には手を出すな!」原作漫画では1巻第6話「1日48時間労働の危機」で、主人公の浅草みどりが小学6年生の夏休みに引っ越しをし、冒険日記と称した創作団地設定を描きはじめたこと、さらにはDYAO(GYAOのパロディ)でアニメ「未来少年コナン」を観たことで「アニメを作る人」を意識しはじめたことを回想するシーンが描かれています。

ちなみに漫画には「『未来少年コナン』Blu-rayボックス好評発売中!豪華特典満載のメモリアルボック【¥32,000(税抜)】と、お手頃価格のボックス【¥19,000(税抜)】の2種で発売中!発売・販売元:バンダイビジュアル (C)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.」と広告クレジットが入っています。

 

◆原作者・大童澄瞳は、あえて広告を選んだ!?

大童澄瞳さん

画像引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200217-00010004-kaiyou-ent.view-000

原作者の大童澄瞳さんのインタビューによると「ここで『未来少年コナン』を出したい」ということで担当編集さんが許諾を取ってくれて、掲載条件が使用料を払うか宣伝広告を入れるかのどちらかだったんです。「だったら広告でしょ!」と即答でした。だって自分のマンガで『コナン』の広告を入れられるなんて最高じゃないですか(笑)。」とあえて広告クレジットを入れることを選んだようです。

インタビュー引用元:https://animeanime.jp/article/2020/01/05/50733_2.html

 

アニメ「映像研には手を出すな!」では、第一話の冒頭、引っ越しと「残され島のコナソ」(「未来少年コナン」のパロディ)を観ることで「アニメを作る人」を意識しはじめたことについて回想するシーンからスタートします。その中で「残され島のコナソ」のアニメがかなり描かれているんですが映像は「未来少年コナン」風で、セリフはオリジナルのモノを作成したようです。映像作品の場合、監督と脚本家は別々に権利の処理が必要だったり、2次使用する場合の権利の処理が難しいため「残され島のコナソ」というパロディ作品になっているのだと考えられます。

 

【おまけ】

ちなみに、「引っ越しとコナンを観る回想シーン」は漫画「映像研には手を出すな!」でも最初のネームの段階では、第1話の冒頭に描かれていたそうです。しかし編集者の「漫画はキャッチーなドーン!というキャラクターから始まったほうが良い」というアドバイスで変更したことが、「最終回直前・前夜祭!TVアニメ『映像研には手を出すな!』を御覧じろ!」(AbemaTV)で大童澄瞳さんご本人の口から語られていました。

 

気になった方はこちらもチェックしてみてください。

www.tvwritter.com

www.tvwritter.com

 

【最後に…】

「未来少年コナン」の初回放送は5月3日からで、毎週日曜深夜0時10分~0時39分に放送されます。「天空の城ラピュタ」やスタジオジブリ作品が好きな方はもちろん、SF好きな方も満足できる名作アニメですので、見逃している方はぜひチェックしてみてください!